WEST GIGANTIC CITYLAND 2017

さユり

新たな航海へ! 一心不乱に、痛みも後悔も全て乗せていく。 酸欠少女さユりの現在が刻まれた全力演奏ライブ!

8/5 SATPALM STAGE

黒色の上下にガスマスクを付けたバンドメンバーが登場した後、紅一点の酸欠少女さユりがさっそうと姿を現す。青色のポンチョを身にまとい、抱えた輝く黄色いアコースティックギターがより一層、彼女の存在感を引き立たせる。そして間髪入れずに『平行線』のワンフレーズを歌ったかと思えば、そのまま全力疾走の演奏で会場を圧倒!これには待ち詫びていたオーディエンスも歓喜の声を上げる。”イノセント(=汚れのない、無邪気な、無垢な、etc…)の歌声”と称された、物憂げながら凛としていて、儚さも内包した彼女の声で歌われるそれは、一度耳にしたら忘れられない中毒性がある。

「今日はこのステージを選んでくれてありがとう。すごくすごく嬉しいです。短い時間ですがガスマスクの4人と最後まで演奏していくんで、皆さん一緒に楽しんでいきましょう」と、どこかあどけなさの残るMCの後、”ずっと自分のことを出来損ないと思って生きてきた”からこそ見付けられた自身の居場所、そしてデビュー曲でもある『ミカヅキ』を披露。バンドのドラマティックな展開と、痛みを伴う叫びにも似た歌声は、聴く者の心をグッと締め付けて離さない。

続けて届けられたのは、RADWIMPS・野田洋次郎の楽曲提供、プロデュースでも話題を呼んだ『フラレガイガール』。秀逸な才能が注がれた歌詞と楽曲はもちろん、そこに重なるさユりの歌声との化学反応が心地いい。また、keyが落とす音の滴が一つ、また一つと波紋を生み、その波に飲まれていく感覚はまさにバンドサウンドならではだ。

「次の曲盛り上がっていきますか?」と客席を煽り、アッパーチューンの『人間椅子』でガラッと空気を入れ替える。客席では皆思い思いに拳を上げ、ステージの上ではさユりが一心不乱にギターを掻き鳴らす様は、どこか狂気的で神聖な光景だった。そして彼女自身の心境の変化、周囲の人達への想いが込められた『十億年』でラストを飾る。
19歳にメジャーデビューを果たし、少しずつ歩み始めている彼女は今日、このステージで何を思っているのか──。今後も”酸欠少女さユり”から目が離せないと確信させられるステージだった。

Writer 松川 沙織、Photo 日吉”JP”純平


INFORMATION ・・・
キョードーインフォメーション  
0570-200-888
  (10:00~18:00)





facebook      twitter      instagram

(C) WEST GIGANTIC CITYLAND  All Copyrights Reserved.