WEST GIGANTIC CITYLAND 2017

感覚ピエロ

なりふり構わぬ開放的なステージで“感エロ”全開!

8/5 SATCOAST STAGE

「あんたらの目の前で鳴ってる音楽がメインじゃないんですかーッ!?」と、横山直弘(vo&g)。国民的アイドルソングのカバーが見舞われ会場に歓喜の声が飛び交う。リハーサルから本番さながらのステージングをみせ、観客の心を鷲掴みにしたのは感覚ピエロだ。

『CHALLENGER』でライブの火ぶたを切ると、フロアには続々と手が上がり、弾む心に身を任せて飛び跳ねては踊る観客たち。続く『TELL ME WHY』でも感覚ピエロに負けじと身体いっぱいに楽しむ姿が熱狂的な光景がCOST STAGEに広がり、ステージ最前へとドドッと人波と熱波が打ち寄せる。“音楽を、ライブを楽しむ”という点では、バンドも観客も、年齢もいつもの職場の立場も関係ない。横山が何度も繰り返し投げかけた「一緒に遊ぼうぜ!」という言葉には、そんな想いが込められていたはずで、観客もそんなこと分かっているからこそ、なりふり構わず全力でぶつかっていたのだろう。フェアにその場を楽しむ熱狂的な様子がとても印象的だった。


中盤戦に差し掛かると、横山の妖艶な佇まいが牙をむき、色っぽい歌声はよりセンセーショナルに冴えわたり“感エロ”節が大爆発!『A-Han!!』が畳み掛けられると緻密に練り上げられたバンドサウンドがこれでもかとムクムク高まっていき、お色気ムンムンな新曲『A BANANA』をぶっこむ。アツ〜くなったフロアをかき回すようにタオルがあちらこちらでブンブン振り回され、常夏のお祭り騒ぎに!新たなキラーチューンを浴びて開放的になった観客に、「二日間の『ジャイガ』で一番だらしない曲を」(横山)と追い打ちをかけるようにして『O・P・P・A・I』を披露。

特大のコール&レスポンスも決めて、ラストは『拝啓、いつかの君へ』。ストレートなロックナンバーをエモーショナルに歌い上げ、大興奮のステージを締めくくった。

Writer 大西健斗、Photo Shingo Tamai


INFORMATION ・・・
キョードーインフォメーション  
0570-200-888
  (10:00~18:00)





facebook      twitter      instagram

(C) WEST GIGANTIC CITYLAND  All Copyrights Reserved.