WEST GIGANTIC CITYLAND 2017

  • さユり

    新たな航海へ! 一心不乱に、痛みも後悔も全て乗せていく。 酸欠少女さユりの現在が刻まれた全力演奏ライブ!

    8/5 SATPALM STAGE
    黒色の上下にガスマスクを付けたバンドメンバーが登場した後、紅一点の酸欠少女さユりがさっそうと姿を現す。青色のポンチョを身にまとい、抱えた輝く黄色いアコースティックギターがより一層、彼女の存在感を引き立たせる。そして間髪入れずに『平行線』のワンフレーズを歌ったかと思えば、そのまま全力疾走の演奏で会場を圧倒!これには待ち詫びていたオーディエンスも歓喜の声を上げる。”イノセント(=汚れのない、無邪気な、無垢な、etc…)…
    [続きを読む]
  • ねごと

    名曲のカバーで心を射抜き ダンスロックで踊らせる! 魅力凝縮の全6曲。

    8/5 SATPALM STAGE
    キラキラ大放出でリハーサルから人を集めたのが、ねごと。そんな彼女たちが1曲目に放ったのは『カロン』だ。その名を全国に知らしめた1stシングルだけに、初っ端から会場はハンズアップのウェルカムムード。胸を締め付ける切ないハイトーンのボーカル、ひずむギター、キャッチーなサビであっという間に観客のハートをわしづかみにする。 そして「知っている曲だと思うので一緒に歌ってください」(蒼山・Vo)と、8/30(水)発表の新曲で、スピッツのカ…
    [続きを読む]
  • Fear, and Loathing in Las Vegas

    変わらないダンスフロアと、変わっていくライブパフォーマンス。辿り着いた先はオーディエンスとの一体化。

    8/5 SATGIGANTIC STAGE
    ギラギラと照っていた太陽も沈みかけてきた午後6時半過ぎ。 刺すような日差しもようやく和らぎ、座って休憩していた人たちが彼らを観るために腰を上げた。 私が彼らを最初に観たのは2012年のチャリティーフェス『COMIN’ KOBE』だった。 確かお目当てのバンドがいたはずだったのだが、彼らのライブパフォーマンスによって 頭の中は完全に占領されてしまった。 平均年齢19歳という若さでデビューし、当時から(vo)Soと(v…
    [続きを読む]
  • 感覚ピエロ

    なりふり構わぬ開放的なステージで“感エロ”全開!

    8/5 SATCOAST STAGE
    「あんたらの目の前で鳴ってる音楽がメインじゃないんですかーッ!?」と、横山直弘(vo&g)。国民的アイドルソングのカバーが見舞われ会場に歓喜の声が飛び交う。リハーサルから本番さながらのステージングをみせ、観客の心を鷲掴みにしたのは感覚ピエロだ。 『CHALLENGER』でライブの火ぶたを切ると、フロアには続々と手が上がり、弾む心に身を任せて飛び跳ねては踊る観客たち。続く『TELL ME WHY』でも感覚ピエロに負けじと…
    [続きを読む]


INFORMATION ・・・
キョードーインフォメーション  
0570-200-888
  (10:00~18:00)





facebook      twitter      instagram

(C) WEST GIGANTIC CITYLAND  All Copyrights Reserved.