WEST GIGANTIC CITYLAND 2017

  • 感覚ピエロ

    なりふり構わぬ開放的なステージで“感エロ”全開!

    8/5 SATCOAST STAGE
    「あんたらの目の前で鳴ってる音楽がメインじゃないんですかーッ!?」と、横山直弘(vo&g)。国民的アイドルソングのカバーが見舞われ会場に歓喜の声が飛び交う。リハーサルから本番さながらのステージングをみせ、観客の心を鷲掴みにしたのは感覚ピエロだ。 『CHALLENGER』でライブの火ぶたを切ると、フロアには続々と手が上がり、弾む心に身を任せて飛び跳ねては踊る観客たち。続く『TELL ME WHY』でも感覚ピエロに負けじと…
    [続きを読む]
  • yahyel

    悠久の闇に溶け込む甘美でアートな圧巻のパフォーマンス

    8/5 SATCOAST STAGE
    辺りはすっかり闇に覆われた時間帯、初日のコーストステージの大トリとして登場した、yahyel。パラパラと降ってくる雨粒のひとつ一つまでもが、その世界観と共鳴しているような幻想的な雰囲気の中でスタート。 あえて明るい照明は当てず、メンバーはステージバックに投射されるアブストラクトな映像と一体になって進行していく。生のドラムやシンセの音が変幻自在のビートとグルーヴを生み出す中、身体を揺らして音楽に溶け込むように歌うパワフルで官能的…
    [続きを読む]
  • ポルカドットスティングレイ

    彗星のごとく現れ、鮮烈な印象を残し去った新ヒーロー

    8/5 SATCOAST STAGE
    夕陽が沈むCOAST STAGEに福岡発のギターロックバンド、ポルカドットスティングレイが登場。「盛り上がる準備…できた?」と色っぽく問いかけたかと思えば、次の瞬間「かかってこいやーッ!」とまくし立てる雫(vo&g)。すかさず「シンクロニシカ」のイントロが鳴らされると、一瞬にして空気が変わった。巧い、早い、エモい…恐ろしいほどの演奏力で圧倒。ギターのカッティングとスラップに弾むドラミングが生き生きとうねって重なっていく…
    [続きを読む]
  • 水谷千重子

    芸能生活50周年(!?)の艶やかさ、 カバーを織り交ぜ夏祭り気分で盛り上がる

    8/5 SATCOAST STAGE
    空に薄雲が出てきて暑さも少しやわらいできた頃、“J-POPと演歌の架け橋”、水谷千重子がお目見え。幅広い客層が集まり、拍手が沸き起こる中、コーストステージの雰囲気をガラリと変える。ストライプ柄の涼やかな着物姿で、「皆さま、どうもよろしくお願いしま~す」と声をかけながら手を振り、にこやかに歌い出したのは『天使のウインク』。続けて、「夏の定番といえばこちら」の前振りで『夏の扉』と、いきなり松田聖子の必殺カバー二連発!手拍子が広がり…
    [続きを読む]


INFORMATION ・・・
キョードーインフォメーション  
0570-200-888
  (10:00~18:00)





facebook      twitter      instagram

(C) WEST GIGANTIC CITYLAND  All Copyrights Reserved.